湯シャンとシャンプーを併用しています

現在、肌断食を約一年半続けています。それと同時に湯シャンも始めました。

と言っても、こちらはゆるめに行っており、現在は頭皮の具合によって、湯シャンの日、シャンプーの日を選んでいます。

因みに私の髪の毛のスペックはこちらです

・ゆるい癖毛
・柔らかめ
・ショートボブ

目次

湯シャンを始めた動機

約一年半前、肌荒れにより肌断食を始めることにしました。

頭皮に関しては自分に合うシャンプーと出会っていたので、特に問題はなかったのですが、

のいち

せっかくだからついでに湯シャンもやるか

と思い、始めることにしました。

ちなみに超絶敏感肌の私が使用しているシャンプーは、こちらのありがとうシャンプーです。

色々なシャンプーを試した中、唯一かゆみが出なかったシャンプーです。

リンスやコンディショナーがなくてもサラサラの仕上がりになります。

湯シャンのコツ

シャンプー

急に湯シャンだけにしてしまうと頭皮が慣れておらず一日シャンプーを使わなかっただけで頭全体がベタベタになってしまいました。

なので、まずは二日に一回のペースでに湯シャンをすることにしました。

のいち

はじめはベタつくけど、そのうち頭皮が慣れて軽減されていくよ

その後、三日、四日と湯シャンの期間を伸ばしていき、最終的にシャンプーをするのは一週間に一回だけとなりました。

と言ってもこれは冬の場合で、夏はこれよりもシャンプーの回数が増えます。

どうしてもたくさん汗をかくので、頭皮の様子を見ながら三日に一回程シャンプーをしています。

湯シャンのメリット

節約になる
そのまんまですがシャンプーの消費が減るので節約になります。

今の所、私にとってこれが一番湯シャンのメリットを感じている所です。

頭皮のかさつき&痒みがなくなる
毎日シャンプーすると頭皮が乾燥して痒みが出ることがありました(特に冬場)

どうやら必要な油分まで取り去っていたようです。

湯シャンにすることで油分がある程度残り、乾燥と痒みがなくなりました。

モノが減ってスッキリ
シャンプーは使用するので浴室にありますが、リンス、トリートメントはありません。

また、アウトバストリートメントなどのヘアケアも使用しないので洗面所のモノも減ります。

旅行の時に楽
ヘアケア用品を持っていかなくていいので楽ちんです。

正直、小分けボトルに詰め替えて持って行けばいいのですが、忘れん坊の私としては旅行の時の荷物はできるだけ少なくしておきたいのです。

のいち

あ!シャンプー忘れてきちゃった!を何度やったことか

湯シャンのデメリット

サラサラにはならない
シャンプー、リンスをした時のようなサラッサラな仕上がりにはなりません。

どちらかというとしっとり落ち着いたような感触になります

香りが楽しめない
シャンプーの醍醐味(?)である香りを楽しむことができません。ほぼ無臭です。

因みに、湯シャン時の頭皮の臭いが気になる方もいらっしゃるかと思いますが、そんなに臭いは気になりません。

今の所、家族に「臭い」と言われた事はありません
(夫は臭かったら「臭い!」と容赦なく言う人間なので多分大丈夫かと)

ロングだとシャンプーした方が早い&節約できる
湯シャンはシャンプーを使用しない分、お湯でしっかり洗います。

私は今はショートボブですが、ロングの時に湯シャンにトライしたことがあります。(もちろん挫折した)

ショートだとそこまでお湯を使う事なないのですが、ロングだと結構な量のお湯を使うことになります。

逆に水道代と時間がかかってしまうので、それだとシャンプーを使った方が色々と節約できちゃうなぁと思いました。

まとめ

このような感じで、湯シャンについて自分なりにまとめてみました。

今の所、「湯シャン時々シャンプー」が自分には合っているので、このまま続けていきたいと思います。

湯シャンを検討している方に少しでも参考になれば幸いです。

目次
閉じる