ICL(眼内コンタクト)の検査に行ったら不適応でした

のいち

先日、ICL(眼内コンタクト)の適応検査へ行ってきました。

結果は不適応でした。

目次

ICL(眼内コンタクト)の検査は不適応

ICL(眼内コンタクト)とは
小さなレンズを眼の中に挿入し、近視・遠視・乱視を矯正する治療法

どうやら目の中のレンズを入れる部分が小さいようで、ここに無理にレンズを入れてしまうと緑内障やら何やら併発して良くないそうです。(かなり端折ってます)

レーシックも角膜の薄さと視力の悪さからできないとのこと。

のいち

これで眼鏡&コンタクトとはおさらばや!!

と思っていたのでかなりしょんぼりしています。

こういう手術を伴う事は一つの病院で不適応だった場合はやらない方が良いと思われるので、覚悟を決めて眼鏡とコンタクトで生きていくしかないですね。

改めて目と向き合う

ICLとレーシックが叶わなかったので、できる範囲で快適に過ごせるようにしていきたいと思っています。

正直、今まで目に関しては結構テキトーでした。

コンタクトはネットでお手ごろなものを購入、メガネも格安のチェーン店でカジュアルなものを購入していました。

それ故、コンタクトは乾きやすかったり、メガネは合わなくて何度も交換してもらったり…。

この際なので自分の目の状態と向き合い、それぞれ合うものを購入していきたいと思っています。

のいち

眼科で眼の検診をしてもらった上で、メガネ&コンタクトの処方箋を作ってもらう予定です。

これで今までよりは快適になるといいなぁ。

まとめ

今回、ICLは受けられなかったのですが、もしかしたらもう一回くらいは別の病院で検査を受けるかもしれません。

のいち

微妙に諦めきれない…

目が悪いと本当に不便なので、私の目でも適応できる技術が開発されるのを切に祈っています。

目次
閉じる